« メジャーデビュー前 1 | トップページ | メジャーデビュー前 3 »

2008年3月25日 (火)

メジャーデビュー前 2

最初はとにかく曲作り。
そして曲が出来れば、ライブをするぞ!
それが目標。
そのあとのことは、あまり「シビア」に考えていなかったように思う。

とにかく最初のライブは、今は無き大阪梅田阪急東通りにあった「バナナホール」
ベースのマキちゃんは緊張をほぐそうとライブ前に@@を決めてやって演奏は多分ぼろぼろだったと思う。「思う」っていうのは僕も緊張していてよくそのときの音を覚えていないから^^;
レイナも相当緊張していたようで打ち上げでは開放されて、かなりアルコールの量が上がっていた。
おかげで帰り道が一緒の僕の車に乗って5分も経つと車酔いで思いっきりゲロをした。車のドアの手すりのくぼみいっぱいに吐いた。そこからドアの壁をつたってゲロは足元へと滴り落ちている。走っているところが高速道路上だったから、急に止まるわけにもいかず
窓を空けて換気してもすごい臭いが消えなかった。

まぁ楽しい思い出と共にみみずくずの初ライブは無事終了。

そして「次のライブはいつにしよう。」
「もっとオリジナルを増やそう」
「音源を作りたいね」
・・・といろいろとイメージが膨らんでくるわけです。

でもその広がりかたは結果を見てそれに付け加えていくって感じ。
でもそこで何か目的意識がバンドにあったら、全ての活動はその目的に向かってのプロセスになる。
その違いは時間が経過するほど、大きな違いになって出てくる。
自分たちのその後を振り返ると、それがとてもよくわかる。

やり始めの時点で「何のために」って目的意識が無いのとあるのとでは結果が全然違ってくるんだなぁと、今から振り返って思う。
当然、誰もが好きなことで食って生きたいと願うのでありますが、そんなにすいすいと物事が運ぶわけもなく、挫折や失望は必ずついてまわるわけです。
そのときに、結成当初のメンバーのまっさらな心の中に、無意識に染みこんだキーワードは何だったのかってことが、いくつか出てくる分かれ道での選択でとても意味を持ってくる。
その分かれ道で何を考え、どこに行きたいのかが問われる。

みみずくずの場合「10年バンドを続けよう」というのが合言葉になっていた。
また「目指せいぶし銀」
曲作りでの優先順位は、みんながあっと驚くような音楽を作る、だった。
もし「絶対メジャーデビュー」が合言葉だったら、曲作りからして全然違ってくるよね。

まぁそれでよくメジャーが拾ってくれたもんだ。
というか、「プライオリティ・アーティスト」としてかなりの期待があったんだよね、デビュー当時は。

|

« メジャーデビュー前 1 | トップページ | メジャーデビュー前 3 »

デビューへの道のり」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/529482/11793140

この記事へのトラックバック一覧です: メジャーデビュー前 2:

« メジャーデビュー前 1 | トップページ | メジャーデビュー前 3 »