« ヴォーカリストの適正 | トップページ | 志 »

2008年5月30日 (金)

衝動

「創作」「創る」ってどういうことなんだろうか。

学生時代などに一生懸命バンドをやっていたっていうような人に
「オリジナルを作ってます」って言うと大抵「すごいですね~」と答えが返ってくる。
しかもメジャーデビューしているわけですから、僕たちはよりいっそうすごいわけです(笑)

みみずくずは自分たちが面白いって感じるもので尚且つ聞き手がびっくりしてくれるような音源を届けようってポリシーは結成12年経ったけれど未だに変っていない。
それが認められたから、メジャーデビューしたんですよね。

なんでびっくりされるかっていうと、そういうそれなりにバンド活動をした人たちって
一度はオリジナルを作ろうとしたんですよね。
自分らがカッコエエとおもった曲をコピーして、
コピーしてみたら意外と難しいテクニックは使っていなくって
なら、自分たちでもやれるんじゃないか!?って。
自分たちの手で作れたら最高じゃん!ってね。
でもね実際に作ってみると、なんと難しいことかってのが身にしみるんですよね。
ヒット曲を聞いていると単純で自分たちでも作れるとおもうのですが、
そのヒットした要因。。。

1:わかりやすい
2:独自性、オリジナリティ
3:ハングリー精神
4:スター性

まぁざっとこんなことがそのヒット曲がそうやって僕らの元に届くくらい広まるには必要なわけです。
しかも、それ以前に楽器を演奏する技術が必要なのが大前提。
わかりやすくて、しかもオリジナリティがあるって矛盾しているようなんですけれど、
ヒット曲にはそれがあるんですよね、不思議なんですけれど。

そういうことに気づくと、
学生時代のクラブ活動レベルでは当然あっという間に壁にぶち当たってしまう。

じゃぁなんでみみずくずがメジャーデビューできたかっていうと
そこには内側から湧いてくる心のというか、身体のというか衝動があったんだとおもっています。そしてそれをキャッチして形にできた。

例えば、僕のことで言うと
僕はラジオから流れてくる楽曲がほとんど8ビートで2拍4拍にバックビートがきているリズムなことに飽き飽きしていたんです。
同じメロディーでもリズムが変るとすごく雰囲気が変って面白いものになる。
ドラマーだから、いろいろなリズムで曲をバックアップしたい、彩を添えたい、
そんな欲求がずっとありました。

基礎的な練習も大切ですが、ぼくは面白いなってリズムパターンを考えるのが大好きです。民族音楽はそれの宝庫なんでいろいろと聞いてはオリジナルに反映したいといつも思っています。
歩いていて面白いなって感じたら鳥のさえずりでも、
工事中の機械の音でもリズムをメモします。

そういう積み重ねで身体にしみついている感覚がセッションのときに、
フッと無意識にフレーズとして出てくるとすごい快感がある。
その快感がまた自分の中にある身体の欲求、衝動を刺激するっていう循環。

そういう借り物じゃなくて自分の中から出てきたものって、
確信があるからやっていても後で聞いてもブレない演奏になっている。
だから、自分と対話しながら自分の中から湧き上がってくる欲求をしっかり感じて見つけて形にしていく。
それがあなたにしか出せない個性として聞き手に伝わっていく。。。

|

« ヴォーカリストの適正 | トップページ | 志 »

デビューへの道のり」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/529482/21280431

この記事へのトラックバック一覧です: 衝動:

« ヴォーカリストの適正 | トップページ | 志 »