« 2008年5月 | トップページ | 2008年7月 »

2008年6月

2008年6月28日 (土)

sugar’N’spice

sugar’N’spice

シュガ―ンスパイス

シュガスパ

というバンドのギタリストと知り合いに最近なりました。
なんと全員大阪大学外国語学部の人たちで女性。
つまり純粋な4ピースのギャルバン!!

自分的には同じ学校の友達同士でバンド組んで一生懸命に何かを目指して活動しているってだけで、「いいなぁ~」って感じてしまいます。
いくつになっても、Lynyrd Skynyrdみたいなそういうバンドって、それだけで憧れなんだよな~

でっ、彼女たちのキャンパスでの学祭の野外ステージのライブを見ました。

彼女たちが何を目指しているのか、このブログのタイトル「メジャーデビュー・・・」を目指しているのかどうか僕は聞いていません。
ただライブを見ていて、僕がこのブログで伝えたいこと、
僕が30年前、彼女たちの年齢の頃に感じていたことがごっちゃになって、
僕の感情をかきたてられました。
おっさんになると、好奇心が鈍るのでなかなか情動が動くことってないのですけれどね、
sugar’N’spiceには何か感じるものがありました。

^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^
大切にしていた、ベロアのドレスのスパンコールが取れた
小さな祈りを一つ、青空に投げると太陽がまぶしかった

何度も何度も大事なものを失って気づいた
本当に欲しいものは見えない
たとえば私がいま全てなくしてもこれだけあればいい


それがROCKSTEADY
胸の中でくすぶっていた消えることのない赤い火
I AM ROCKSTEADY
WE ARE ROCKSTEADY

(抜粋)

こういうストレートなメッセージは好きです。
想像するに10代の頃に「バンドしたいな~」「歌いたいなぁ~」って衝動があったんだと思います。
自分が自分を振り返って思うことは、
10代の頃に感じた衝動っていつまでも心の中で消えないんですよ。
この歌詞をかいた、きゃおりんさんは50才になってもきっとこの気持ち消えないとおもいます。
逆に言うと、この先表現活動をしていく過程でシンドイこと理不尽なことが襲ってくるときがあるかもしれません。
歌うことをやめるかもしれません。

そのとき歌い続けていても何をしていても、
この消えることのない自分の内からでてきたメッセージを思い出してください。

自分が楽しいときも苦しいときも、
聞き手は凛として歌うあなたの姿を見に来ています。
自分の弱さも飲み込んで、
どんなときでも背筋を伸ばして歌うあなたの姿に人は感動するのだと思います。

そこに気づいてあなたの心に大きな芯が通ったとき、
言葉に輪郭が出来て歌詞が一人歩きするのではないでしょうか・・・・・


^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^
目が覚めてちょっと泣いた
今日が昨日になった
確かめたいのに もう 君の手はここにない

あの夜の優しさに 二人包まれていたんだ
流れ星見つけたって ウソをついた
君に笑ってほしかっただけ
 
甘いその声に いつもあたし 甘えてばかりで
一体どれくらいの言葉を 伝えられたのかな

(抜粋)

こういう歌詞ってテクニックで描けるとは思えないんですよね。
特にラブソングの歌詞ってその年齢でしか描けないってことがあるように思います。
演奏もそうかもしれません。
自分たちでは「イマイチ」って思っていても、そのときの初期衝動で出来上がったもので時間を越えて生き残ることってあると思います。
実はみみずくずも最初にインディーで自主制作した8曲入りのミニアルバムの「勢い」を超えることが10年経った今でも課題だったりします。

だから向上心は大切ですが、
いま精一杯やって出来たものは決して否定しないで大切にしてやってください。
「テクニック的にはイマイチなところもあるけれど、とにかくがんばったよなぁ~
 よかった、よかった♪♪♪」  ってね^0^
不思議なもんで同じ曲を演奏し歌っても、気持ちが音にでるから聞き手に伝わってしまうんですよね、それが。。。
説得力ってマインドそのものかもしれません。

とにかくなんか切ない乙女の気持ちつたわってきましたよ、おっさんにも・・・(泣;)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年6月22日 (日)

コピーは大切

メジャーデビューすることは
イコール オリジナル曲で勝負するってことだと考えていいと思います。
だのに、なんで「コピーは大切」なのか??

なかには岡林信康さんのようにギターを手にして3コードを覚えた次の瞬間にオリジナル曲のメロディーと歌詞を口ずさんでいた、なんて天才もいてはりますが
たいていは、家で、友達んちで、街で、ラジオで、テレビで、ユーチューブで、ショップやIチューンやサイトで試聴してetc。。。聞いて見て「ええなぁ~」と感じた音楽をコピーすることから音楽を作ることに接していると思います。

例えばビートルズが好きでコピーしたいとします。
そしたら何をしますか?
ギターを弾く前にジョン・レノンの格好を真似ることから入る人もいるでしょう。
気分はジョンレノンで、気持ちを盛り上げてから音楽をコピーする。
それで全くオッケーです good

そして肝心の音楽ですが、
コピーしだすと一曲の中にいろいろな音楽の要素が詰め込まれているのに気づくでしょう。
メンバーが好きで聞いてきた音楽の要素がそこには散りばめられています。
ジャンルで言うとブルーズやカントリーやR&Rや、そして同世代のヒット曲やモーツァルトやバッハも彼らは聞いているでしょう。
ギターのフレーズやコード進行や全体のリズムののり(グルーブ)、言葉の使い方、、、すべてに彼らが聞いてきた音楽の影響がみてとれます。
そしてあなたはそんなメンバーの作り出す音楽が好きです。

つまりは大袈裟に言うとビートルズの音楽をコピーするということは
僕たちの先輩たちが、もがき楽しみながら練習し蓄積してきた音楽の輝き、英知を吸収するということになるのです。

突然に話は飛びますが、今日の脳科学が語る創造性へのアプローチのとても面白い話があります。
(この話がコピーの大切さにつながります)
脳科学者の茂木健一郎さんが文芸春秋08”5月号の脳特集で語っていた記事を抜粋します。

・・・
新しいものを生み出す能力というのは体験の蓄積に比例します。(中略)
それと同じように、創造性についても我々は長い間、無から生まれるものと思ってきましたが、最近の研究で「創造性とは、記憶をマネージする脳のシステムの働きである」ことがわかってきました。
要するに、脳の側頭葉に蓄えられた記憶や経験が、前頭葉の方針に従って編集され、新しいのもが生み出されることが「創造」だったのです。

すると新しいものが生み出される必要条件は、
「経験を蓄積すること」と
「こういうものが欲しいというビジョンや欲求を持つこと」
の二つと言っていい。

・・・

どうですかぁ~!!
コピーすることの大切さがここから読み取れますかぁ~!!

一体いつまでどのくらいテクニックを磨けばいいのだろうか~?
テクニックの項で言ってました。

何回も繰り返し練習して無意識にできるまでフレーズを身体で覚えこませる。
バンドで個人でカッコイイ曲をカッコイイフレーズをコピーして納得いくまで練習する。
まさにそれは経験の蓄積
つまり脳科学の成果からわかることは、コピーはすればするほどよい。身体に覚えこませて溜めるほど良いということになりますよね。

コピーしまくって、ために溜めた音楽的なテクニックやセンスの蓄積に
方向性(こういうものが欲しいというビジョンや欲求を持つこと)が与えられたとき、あなたの身体に(脳に、心に、手先に、喉に、足に、、、)ある表現の欲求が衝動が形になって、ほとばしり出る!!


じゃぁ方向性(こういうものが欲しいというビジョンや欲求を持つこと)はどう決めればよいかということになってきますよね。
それは次の項で・・・・

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年6月17日 (火)

テクニック

テクニックは、一体いつまでどれくらい磨けばいいのだろう?

そんなことを考えていたときがありました。
今、思い出せば笑ってしまうんですが、ドラムを始めた当初はそれがかなり切実な疑問でした。

というのも自分はドラム教室へ通っていたんですが
パラディドルや二泊三連や三泊四連や手足のコンビネーションやジャズドラムや譜面やなんやかんや、山のように勉強することがあるんですよね。
自分がやりたいロックミュージックと直接関係のないテクニックがたくさんあったんです。
それを学ぶことがどういうことかが、イマイチよくわかっていなかったんですよね。

基礎の大切さ、一つの音を出すときのその奥深さ、広がり
そういうことにつながってくるんでしょうけれど
それは30年やってきてつくづく思い知らされることですが
小学校、中学校、高校、大学と科学の知識を詰め込まれてきた思考回路だと
出てくるべき「正解」が必要なんですよ。

”二泊三連は何々のときに使う技術です”って具合にね。
でも、どこで二泊三連を使うかなんて曲の流れで自然に「出て来てしまった」り
そこで入れたらカッコイイから使うとか、そういうもんでしょ。
だから音楽に「答え」はないんですが、
それがピンと来ない。

学校で習ってきた学問って
答えがあるから問いがあるって教えられ方なんですよね。
でも音楽って逆ですよね。
問い(直観、好き嫌い、衝動、情熱、、、)があるから、そこから
答え(オリジナル曲、歌、詩、演奏、、、)を導き出す。

例えばパラディドルにしたって

どうしたらマーチングで行進しながらうまくスムーズに叩けるかって
問いがあって、その試行錯誤から出てきた答え(テクニック)なんですよね。
だから、そこを知らずにドラム教室で
「これがパラディドルです」って最初にその答え(テクニック)を教えられても
それを覚える以外にどうしたらいいかわからない。

だから音楽学校に通っている諸君!
カリキュラムの全部をちゃんとやる必要なんかないんです。
教えてもらう中から、面白い、感じる、とおもったものが「問い」なんですよ。
だから、それをトコトン一生懸命掘り下げていったら
自分にとっての最適な答えがでてくるんですよ。
それがオリジナリティ、個性ってやつですよ。

要するにあなたが教えられたテクニックは結果であって
どんな問いからその答え(結果)がでてきたのかを想像することが
創造につながるってことだと思います。

なので、自分の経験からテクニックについて
はっきりと一つの定義づけをしてみたいと思います。

”テクニックは何のためにあるのか”
「それは自分が表現したい音楽を演奏、歌う為の道具」

”テクニックを磨くには”
「自分のやりたい音楽に必要なテクニックから覚えていき、そこから発展させる」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年6月10日 (火)

ほなみちゃんへ

このあいだはいろいろお話ができて楽しかったです。
あなたの夢の実現へ、できる限りのお手伝いができたらと思っています。

さてプロのDJになりたいとのことでした。
ぼくはその世界のことはよく知りません。
でも、ジャンルに関係なく成功者に共通している一つの事実があります。
音楽業界に限っても、話を聞いていると驚くべきことに、みなさんが同じことを言っているのですよ。
それはビジネスの世界でも、スポーツの世界でも一緒です。

だから、ほなみちゃんが成功したいのなら今からする話は強く強く心に留めて、人生の成功への一歩を踏み出していってください。

キーワードは「覚悟」です。

以下に僕がみみずくずのメンバーとしていた「いい曲って・・・」というテーマのメールのやりとりを抜粋しますね。

@@@@@@
>>
「****」がKさんにはどう映ったのかは聞いてないけれど、たぶん悪くはないがすべての人を捉えるメロディーではない、と思ったんじゃないでしょうか
>>

フムフム、、、

最近、「プロになりたい」って言う高校生の子と何人か話したんです。
でっ、話を聞きながら自分らが上京したときや、それ以前にみみずくずを組んだとき、
そのまた以前に自分がバンド活動を始めたとき、のことなどを思い出していました。
でっ、確信を持って気づいたことがあります。
これは全くもって原理原則、法則やとおもいます。

何かと言うと「覚悟

何をスタートするにしてもこれにつきるなと。
最初にこれがなければ、まずまちがいなく形にならない。
具体的に言うと
「**したい」では絶対無理。
「**作るまでやり続ける」
この決断、つまり覚悟がことをはじめる前にないと何をするにしても中途半端になって結局は頓挫する。

これ間違いないです!

諸々、過去の自分の失敗をふりかえったら、そうやもん(泣)

だらかもし「すべての人を捉えるメロディー」を作りたかったら
できるできない以前に「絶対に作っちゃる!」って覚悟がないとできないね。
この覚悟ができることが、もしかしたら「才能」かも。

そしてバンドのことでいうと
「良い曲を作る」ではなくて
「すべての人を捉えるメロディー」くらいは具体的なテーマを設定しないといくら覚悟があっても、何をやっているのか見失う恐れもあるような気がします。

だから、僕らの場合・・・・・・

@@@@@@@@@@@@@@

これだけ言えば聡明なほなみちゃんなら十分に僕の言いたいことはわかったと思います。

プロに向かって踏み出せば、
楽しいこと、うれしいこと、感動すること、感謝すること
哀しいこと、悔しいこと、ムカつくこと、
理不尽なこと、不条理なこと、辛いこと、
快感、快楽、

いろいろなことがあるでしょう。
起こる出来事全ては、ほなみちゃんの成長のための肥やしです。

あなたは人に感動を与えるすばらしい仕事をしようと一歩を踏み出そうとしています。
人に何かを与えるためには、いついつどんなときでも自分の中に光が灯っていなかったら伝わりません。
でも、辛くて苦しくてその灯が吹き消されそうになることもあるでしょう。

そのとき最初の一歩を踏み出したときに決断した「覚悟」です。
その気持ちがあなたを勇気づけることとおもいます。

いまは自分の夢がほなみちゃんの未来や心を大きく照らしているので、こんなことはピンと来ないかもしれません。
でも、なんとなくでよいのでこの話を心の引き出しにしまっておいてくださいね。
それが僕のたった一つのお願いです。

とにかく「スターDJになるために何でもやっちゃる!!」と心に決めてスタートしてください。応援します♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年6月 6日 (金)

サイバーミュージックアワード

いつも中津の「ぐび」ってスタジオでみみずくずは練習していました。自宅の一階を改造したスタジオで管理人のお兄ちゃんがいないときは、そこの家のおばちゃんがスタジオ代を徴収するというなんともアットホームなスタジオなんですが、地の利もあり未だに人気スタジオです。
そんな成り立ちなんで、待合室なんてものはとても狭くて汚い。
でっ、いつものように練習が終わってからそこで駄弁っていたんですが、何気なく落ちているチラシの一枚に目がいって、それを誰かが拾い上げました。
それがサイバーミュージックアワードとの、そして未だにお付き合いさせてもらっているヒッツコーポレーションと僕たちの出会いでした。

10年前はやっとウィンドウズ98が出たような時代で今なら39800円で買えるようなパソコンが10倍の40万円もする時代でした。
そんなときに今のインターネット時代を先取りするようなネットでの音源の人気投票で一位を決めるコンテストの第一回目の応募のチラシでした。

ネット上でのコンテストっていうのも新鮮でしたけれど、一位のバンドには最新の録音スタジオで優勝曲をレコーディングってご褒美がむちゃ魅力的に感じたのを覚えています。
お金と時間を気にせず録音に没頭してみたい~な感じ。。。

そのときに僕は「一位になろう」ってみんなを盛り上げました。
エントリー当初にわりと反応がよかったんです。
それにヒッツのスタッフの人も気に入ってくれて「がんばりや~」って言ってくれた。
そして、いまはできないと思いますが、第一回目で複数投票が可能だったのですよ^^;だから一般投票数とともに、人海戦術でがんばれば一位になれるのではないか!?ってね。

ずっと一位を保っていたんですが、最終日に他のバンドに急に逆転されて「あっ、こいつら突然にドカンとやって僕らの戦意を喪失させる作戦やな」と思ったので、いろんな友達に頼みまくって再逆転を狙いました。そんな簡単に諦めるか~ってね(笑)
当時、パソコンがなかったコウヘイとレイナはインターネット喫茶でせっせと投票していました。

一位とそれ以下は全然景色が違うってことが、僕にはわかっていたので頑張れたのだとおもいます。

たとえ一曲でも、一流の録音機材で一流のエンジニアの腕で録音するっていう経験ができたらバンドに大きな変化、成長がある筈だとおもったんです。
実際にそれは全くその通りでした。
音のとり方やマイクのセッティングの仕方、録音の進め方等々、いろいろな学びがありました。
なによりも、僕たちメジャーデビューを目指すものにとって、プロのスタッフと一緒に作業ができた経験はむちゃくちゃ大きな財産になりました。
音楽を仕事にするっていうことを肌でリアルに感じたわけです。
それがバンドの意識の変化につながっていきました。

そしてそこで出会ったヒッツやエンジニアの方たちとは、バンドがメジャーデビューして、契約切れてインディーで活動するようになってと紆余曲折の10年間ですが、未だにお付き合いが続いていて僕たちを応援してくれています。
ありがたいことです。
感謝♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年6月 1日 (日)

一般的に志は高く持て、ですよね。
「青年よ、大志を抱け」ってクラーク博士の有名な言葉があります。

改めて考えてみると、たいていは願望と似たような解釈になっているよな~と思ったりします(笑)
女の子にモテたい、好きなことでお金を稼ぎたい、ミュージシャンってカッコエエ
男子の場合はほぼ間違いなくこの3つで9割以上でしょう^^;
女子の場合、好きな人と一緒にバンドをしたかったから、なんて理由もありました、、、涙、、、
でもそれでいいのではないかと思うわけです。

俺は音楽業界を変えるんや~なんて叫んでいる、「志が高い」奴はなんか胡散臭い(笑)

実際は「カッコエエ、俺もあーなりたい!」って思ってギターを握ってもうまくFのコードが押さえられなくて入り口で挫折していくひとも結構いてる。
でも、それを突破してがんがん練習したりすると、モテたいが少し後退して「もっと楽器がうまくなりたい」な気持ちがでてくる。
・・・向上心のある奴は、そこで音楽の深みに嵌って出て来れなくなるんだよな(笑)
まぁそれは冗談としても、自分がなんで50過ぎても創作意欲、チャレンジ精神が衰えることなく続いているのだろうと振り返って考えると、上に書いた3つのミュージシャンの3大モチベーションにつながるととてもとても強く感じます。

音楽って共通言語があると、若い女の子とも同じ土俵で構えることなくお話できるし、そんな女の子に「前田さんのドラムって若い人とちがう渋さがカッコエエ感じがする」なんて言われたら、うれしくってピョ~ンですよ^0^;
それでそんな楽しい思いをして演奏してギャラを頂けるなんて、そりゃ死ぬまで続けるでしょう~♪

あっあっ、話がずれてしもた・・・
言いたかったことは、メジャーデビューするまでには、曲作りやライブや練習やデモ音源作りや、そのためのお金やとがんばればがんばるほどに「女の子にモテたい、好きなことでお金を稼ぎたい、ミュージシャンってカッコエエ」から遠ざかっていく時期があるのですよ。
現実はバイトと練習で精一杯、ほいで彼女も別れて去っていくって感じで。
「やっぱし、正社員の仕事を探そうか・・・」
ほとんどのバンドマン、ウーマンがそれを経験しています。
そこで、それでも続けてきた続けている僕らの意欲はどこから来るのだろうってことです。

それでも、女の子にモテたい

それでも、好きなことでお金を稼ぎたい

それでも、ミュージシャンってカッコエエ

それでも、そういう思いがふつふつと湧いてくるかどうかなんですよね。
そして、そのふつふつと湧いてくる思いの元を辿ってみると、やり始めのときに「絶対にメジャーデビューしてやる」ってしっかり胸に刻んではじめたかどうかってことが物凄く影響していることに気づかされます。
どんなことでもそうなんでしょうが、「なんとなく」はじめたら「なんとなく」終わってしまうんですよね。そこである決意の元にはじめたことなら壁に当たったときに、そう簡単に諦めない。その先に目くるめく快感の予感があるから(笑)

そこで一つの壁を破ればしめたもの。
言いようのない気持ちよさがあるんですよね。

じゃぁ、その「絶対に」メジャーデビューしてやるって決意はどうしてできるのだろうかって言えば「女の子にモテる、好きなことでお金が稼げる、そんなミュージシャンの俺ってカッコエエ」ってことに尽きるんですよね(断定しちゃってますが、異論のある人はメールください、笑)

つまり志とは
「女の子にモテたい、好きなことでお金を稼ぎたい、ミュージシャンってカッコエエ」ってことにどれだけ憧れを持てるか、快感の予感があるかってことにつきます。
やり続けられる執着心って、そこが源だとおもいますよ~

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年5月 | トップページ | 2008年7月 »