« 2008年10月 | トップページ | 2010年6月 »

2009年2月

2009年2月26日 (木)

ドラマーのK君へ

練習方法の問い合わせの回答です。

練習方法について

時間があれば是非ご教授願いたいです。まだまだ上手くなりたいです。

例えば今、3つのテクニカルなフレーズをマスターしたいと考えているとします。
普通はその3つを均等に練習していって上げていくと考えます。
が~僕の経験ではその中の一つのフレーズだけを集中して取り組む方が
結果的に3つのフレーズをマスターする時間は短くなります。

練習方法はごくゆっくりのテンポから徐々にテンポアップいしていきます。
http://www.youtube.com/watch?v=AaHQVxcwAaY&feature=related
これはソンゴのパターンですが、やりかたはこれでわかると思います。
自分のやりたいフレーズをこのやりかたでやるわけです。


この練習方法であげていくと
1:結果的に何度もいろいろなテンポでやるので、このフレーズがどんなテンポでもやれる
2:身体と耳の両方で覚える。
3:ゆっくりからあげていくので手の手順や手足のコンビネーションなどの実は基本練習も兼ねていることになっている。
  なので次のフレーズの練習にとりかかったとき、完成が早くなる。
  こういう練習を何年も続けていると、ドラムソロなんかも自然とできるようになるし、
  感性で叩けるようになる。(所謂”感じたままプレイする”ってやつですね。かっこいい~^0^)


でっ、「とりあえず」身についたかどうかの確認方法
バンドのリハのときにそのフレーズを叩いてそれに合わせてもらう。
それで違和感無くフィルインが入れば身についてきたと判断できます。
フィルインを試したいときはやりたいテンポの曲で無理矢理入れてみてください(笑)
ただ、メンバーには予め言っておくのが鉄則です^^;

この練習方法でやると最初はなかなか初めてのフレーズなのであがりませんが、
途中から「わぉ!」って感じになります。
突然に手足が自由に動いているのが「見える」んですよnote
そしてどんな初心者でもやりたいフレーズが出来るようになっていきます。
自分がこれで成果でたら
後輩にも教えるときに役に立ちますよ~♪

ところで僕の友だちのドラマーのブログです。
http://blogs.yahoo.co.jp/nashdrums61
ドラマーでありドラムテックでありという非常に珍しい位置にいてるプロフェッショナルです。
なんとなく見ているだけでも楽しいと思います。
質問したら丁寧に答えてくれますよ。
ぼくの知り合いと書いておいたら、尚のこと(笑)

オリジナルバンド、たのしくがんばってください。

また一緒に練習しましょう!

ではでは

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年10月 | トップページ | 2010年6月 »