« 2009年2月 | トップページ | 2011年5月 »

2010年6月

2010年6月 7日 (月)

森は見るな!

木を見て森を見ず、、、
って諺があります。目先のことに囚われていたら大きな流れを見失うよ、な意味でしょうか。
でも、楽器を上手くなるためにはこの諺は当てはまらないです。

当然あなたには好きな曲、やりたい曲があることでしょう。
僕のようにドラマーであれば、掛け持ちをしている人も多いと思います。
ライブをやるときは、オリジナルやカバーやと何曲も仕上げなければいけません。
しかし、ライブが終わって次にやらない曲は忘れてしまいます。

何曲もやっていると、「この曲、ホンマええなぁ~」「何回聞いても聞き飽きないなぁ~」って曲がでてきます。
また、バンドではやらなくても昔から「かっこい~notesign03」と聞き続けている曲もあると思います。

実はね、そういう自分の感性にフィットする曲を一曲でよいから徹底的にじっくりと時間をかけて仕上げていくのが、楽器を習熟する一番の近道なのです。

ライブ用になんとなく間に合わせて10曲をコピーするより
一曲でよいから好きな曲を徹底的に聞きこむことの方が、100万倍次につながるんですよね。

理由はね、
あなたが、好きな曲、聞き飽きない曲はその中にあなたにとって必要なテクニックが詰め込まれているから、、、です。

教則本にはいろいろな「学ばなければならない」テクニックが満載されています。
それを1ページ目から全部やっていかないといけないのでしょうか?
答えは「NO」です。

「学ばなければならない」テクニックは、あなたが好きな曲をできるようになるためのこと「だけ」でいいんです。
僕はドラマーなのでドラムのテクニックのことで言うと、ロールやパラディドルにしても何種類もあります。それを全部できるようになるためには、それだけですごい時間がかかります。
でも、あなたが好きな曲の中にはチチッっていうハイハットの二つ打ち以外は全てシングルストロークであるならば、まずはシングルストロークだけを徹底的に磨き上げることだけをすればよいのです。

たった1曲をそういう風に磨き上げていけば、他の曲をやるときは、どんどんマスターする時間が短くなっていきます。
あなたが好きな曲には何らかの本人の感性に沿った同じような流れがあるからです。

なのでたった1曲の好きな曲を徹底的に時間をかけて聞き倒してやり倒してマスターしましょう。
それが楽器をうまくなる一番の近道です。

ただその好きな楽曲の中にどうしてもわからないテクニックが出てきたとしましょう。
「どうしてもその符割り、拍子がわからない」
「手順が聞き取れない」
「ベースの音かキックの音か判別つかない」等々、、、
そのときは先輩に聞くとか、ライブハウスで「うまいなぁ~」ってドラマーと出会ったらその人に聞くとか、ドラムマガジンの質問コーナーを利用するとか、そのドラマーのインタビュー記事をググルとか、いろいろと解決の道はあります。
裏技としてはドラム教室に見学に行って、終わってから「どうしてもここがわからないのです。聞いてもらえますか?」って言ってね、コメントをもらうのです。その答え方でその講師のレベルもわかるっていう一石二鳥です(笑)

では、その一曲をどこまでやればオッケーなんでしょうか

結論をいうと「自分の身体に聞け」ってことになります^^;

それでは、何のこっちゃ、抹茶に紅茶、、、、、
もう少し詳しく言うと、一つのテクニック、リフ、など練習していて自分が「納得」したときが、一区切りってことです。

延々やっていても、ダラダラでは時間の無駄だし
さらっとやっただけでは身につかないし
自分で自分の心や身体に聞いたときに、「コツッ」って音がするところまでは繰り返し練習しましょう、ってことなんです。
「コツッ」のラインは人それぞれ違うので、何時間はしなくちゃって量では測れませんよね。

だからあなたなりの「納得するところまで」ってことになるわけですね。

でっ、自分の経験から言えることは
納得するまでやる、って姿勢は音楽だけじゃなくてあらゆる活動に適応できる基本法則の一つなんではなかろうか!!happy01

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年2月 | トップページ | 2011年5月 »