« 音楽に関するアフォリズム | トップページ | イマジネーションとフィルイン »

2011年8月21日 (日)

才能を120%引き出す最短距離の練習方法

① ライブでやる曲(ライブ予定がないのなら大好きな曲)を繰り返し聞く
  基礎練習より聞くことに限られた時間を多く使う。
         updown
②その曲のイメージを感じとる
  景色、色、匂い、肌触り、温度、味、興奮、悲しみ、切なさ、喜び、思い出、、、
         updown
ドラム譜をかく
  楽曲を集中して聞くため。
  どうしてもコピーできないフィルインとかわからんところはすっ飛ばす。
  構成の把握・細部の確認
         updown
④譜面を書いていて感じた特にその曲の好きなところ、引っかかるところを
  ピックアップ
         updown
⑤もう一度曲を聞きながらイメージを感じとる。
  ②で感じたことをよりいっそうはっきりさせる。もしかしたらまるで違うイメージが沸いてくることもよくある。 
   「口ドラム」 どんなふうに叩くかをイメージしながら聞く
         updown
練習する!!! 
  ここまで聞き込んだら(イメージが感じれたら)あとはひたすら練習するのみ。
 
  ここはできる、ここは出来ないの境界がかなりわかってきてる筈。 
  それを克服する基礎練習を取り入れる。
  教則本から探してもいいし、自分で編み出すという手もある。    
  この段階では練習は細かいことにこだわってコツコツでっすnote
  ”神は細部に宿る”であります→練習に浸り切る(これ猛烈に大切)

・・・・・そしてこの作業の循環!!
 しか~し、ここでみんな立ち止まる。
繰り返し練習してると身体が覚えてきて「気がついたら」壁を突破してるのだけど経験ないから出来るイメージが沸いてこない。だから確信を持って繰り返す(集中する)パワーが出にくい。
不安leftrightよくある壁

どうしてこんな順番で練習するのかの理論的背景はこちら→イマジネーションと直観(ただいま製作中^^;)

|

« 音楽に関するアフォリズム | トップページ | イマジネーションとフィルイン »

才能」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/529482/41216778

この記事へのトラックバック一覧です: 才能を120%引き出す最短距離の練習方法:

« 音楽に関するアフォリズム | トップページ | イマジネーションとフィルイン »