« イメージの仕組み | トップページ | 僕がドラムを教える理由1 »

2011年11月18日 (金)

資本主義の崩壊とドラム3

人生を豊かにするドラム講座」で書きましたが、自分がドラムを上達するために努力してきた経験の全てが、「生命の根幹はイマジネーションである」というマイケル・ポランニー~栗本慎一郎さんの暗黙知の理論に出会って、それで説明できてしまうことにびっくりしました。
「人間ってこうなんだ~面白いなぁ~」・・・生命の根幹はイマジネーションである

僕が心底びっくりし、そしてうれしかったのは、ドラムを上達することの作業の中に、そのプロセスに見出せることは、要は自分の中にある才能(能力)を発揮したいと望んだ人は暗黙知の理論に基づいて意識して努力すれば全員がその能力を発揮できるということ。
それをもう少し掘り下げて調べてみたら、どんな作業をするときでもそれは有効であることがわかりました。

それが「量より質を求める」時代にぴったり来るのです!!!

では、イマジネーションとはなんぞえ???

そう問いを発したとき、僕の頭の中に浮かんだイメージ(イマジネーション、笑)は波動&コミュニケーションでした。

この僕らヒトの命も機械と同じように何かしらの、未だに解明されない「作動原理」があって初めてヒトという生き物としてこの世に生を受け泣いたり笑ったり考えたりしてる。
その原理の一番上位に来るのが「精神」「心」「魂」とかって呼ばれる存在?
そこにあるとわかっていて手でつかめないもの(笑)

物質の最小単位が確率であるとわかった20世紀。
では精神もイマジネーションも波動なんではなかろうか!?

そして”生命の根幹はイマジネーションである”という暗黙知の理論は、その生命の作動原理に明らかに迫っている。少なくとも僕はそう直観する。

そんな暗黙知の理論でドラムの上達が説明できるということは、ドラムを上達するプロセスの中に生命の作動原理のどこかに触れる働きが含まれているのではないか。
自分がドラムを上達してきて、叩く喜び、音楽する喜び、他者と音を出す喜び、を心底感じる事実をそこに重ねると、いのちの作動原理に触れるということは自分の生命が喜ぶことであるよなと。

自分のいのちが喜ぶことをするということは当然に自分の人生がより豊かに幸せになるということではないか~~~!!!

いささか強引ですが、ぼくはそう感じたんです。

量より質の時代、とはそういうふうに説明できると思います。
命の喜びを知っている人が増えるべき時代、ということです。

そしてぼくのドラム講座は、ドラムをうまくなることに集中すれば、自然に自分のいのちを喜ばせる方法が身についてしまうというものなんです。

|

« イメージの仕組み | トップページ | 僕がドラムを教える理由1 »

才能」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/529482/42958108

この記事へのトラックバック一覧です: 資本主義の崩壊とドラム3:

« イメージの仕組み | トップページ | 僕がドラムを教える理由1 »