« 僕がドラムを教える理由1 | トップページ | 生活を豊かにするドラムスクール »

2012年8月15日 (水)

僕がドラムを教える理由2

身体で覚えたことを言葉にするのはとても難しいことだけど、それにトライしてこのブログを書いている。

コツコツ練習していると突然、点が面になるというか、面が立体になるというか、そういう瞬間がある。急に出来るようになるのです、今まで出来なくてひ~ひ~言って練習してたことがね。
一回それを体験すると、それの繰り返しでどんどん上達していくってのが見えるんですね。だから難しいテクニックも怖くないし、コツコツ繰り返していたら出来るようになるって安心感もあるので、楽しみながら苦しめる(笑)

練習を繰り返していて身についた技術は自分の体験に基づいた明らかに正しい「情報」です。
その体験はその人にとって音楽以外の生活のあらゆるところで良い影響を与えます。

だから僕は正しいドラムの叩き方の知識や、僕が上達してきたプロセスを教える。

話は変わりますが、僕は「ミュージシャン」というより「バンドマン」です。
ずっとそういう気持ちでバンド活動をやってきました。
ポピュラーミュージックにおいては、ドラムは基本的にソロ楽器じゃありません。
歌や他の楽器を合わせてナンボのもんです。
いくら上達してもメンバーとうまく合わせられないと楽しくない。

音楽とは別に人間関係という要素が入ってくるんですね。
これがバンドの魅力!!
各パートが集まって、ひとつの楽曲を魅力あるものに磨いていく。(それはオリジナルでもカバーでも一緒♪)

それぞれのパートの人が身につけてきた技術や体験や人間性が集まってシェイクされて、楽曲が奏でられる。それぞれの知識が集まってそこに何か新しいものが生まれる。創造される。

これこそ「知識創造社会」の雛形だと自分は強く感じています。

だからバンドマンの僕は35年以上にわたるバンド活動の経験をドラムと一緒に伝える義務があると思っている。

|

« 僕がドラムを教える理由1 | トップページ | 生活を豊かにするドラムスクール »

このサイトの目的」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/529482/46700983

この記事へのトラックバック一覧です: 僕がドラムを教える理由2:

« 僕がドラムを教える理由1 | トップページ | 生活を豊かにするドラムスクール »