« うまくなるということ | トップページ | レッスン風景 »

2013年3月26日 (火)

社会人のみなさまへ

以下の文は前田ドラムスクールからの抜粋です。。。。。

^0^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^0^

仕事にアートティストの感性を!

当たり前のことですが、このサイトを見られているあなたはドラムに興味があってここに辿りつきました。なにかの理由、キッカケがあってドラムをはじめてみたいな、もう一度取り組みたいなと思われていることでしょう。

従来の捕らえ方では、仕事と趣味は別物でありました。

 

ドラムって楽器は、打楽器の集まりです。

英語では”Drums"って複数形になってます。

打楽器は人の気持ちを鼓舞します。

自分が楽しく叩いてるとメンバーやお客さんも楽しくなります。

でも、「楽しく」ってのが以外にできないんですよね。

「うまくなる」に手や足を引っ張られて(笑)

まだまだ私は下手だから、って練習不足や他のメンバーを気にしながら叩いてると、その気持ちがダイレクトに音に出てしまうのが打楽器の、ドラムの面白いところです。

 

良いドラマーとは「技術」「リズムパターン」「メンタル」この3つが高いレベルでバランスが取れているドラマーのことです。

普通はテクニックとリズムパターンが豊富なドラマーを「うまいドラマー」と言います。
しかし多くのプロミュージシャンと接してきて、技術以前にメンタルをコントロールできている人が良いドラマー、優秀なミュージシャン、であると気づいたのです。

 

当然生徒さんにはうまくなっていただきますが、
ほかのドラムスクールと違う点は、そのメンタルのコントロールも教えることにあります。

 

これを読んでる人はドラムをお金を払って勉強しようかって人ですから、向上心にあふれる人と想像します。

その向上心でもってドラムがうまくなった経験がそれに終わらず毎日の生活、仕事、学業、人間関係に役立つ方がとても多かったのです。

その理由は、うまくなっていくプロセスの中に一定の法則性があり、ドラムを練習することを通じてその法則性を理解することが実生活に非常に役立つようなのです。

それを理解しながら練習すると上達が早くなるということにも気づきました。

 

  大小ドラム教室やドラムを教える音楽学校もたくさんあります。

ただ僕でしか教えれないことがあって、それを伝えることがその人の実生活を豊かにすることにつながるなら、自分の経験してきたことも無駄ではなかったかなと感じることが最近多々あって、しっかりと教えて(伝えて)いこうと動き出しました。

 

|

« うまくなるということ | トップページ | レッスン風景 »

才能」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/529482/50958912

この記事へのトラックバック一覧です: 社会人のみなさまへ:

« うまくなるということ | トップページ | レッスン風景 »